マッチングサービス



スポンサードリンク


[マッチング] ブログ村キーワード

何かと何か、あるいは誰かと誰かをマッチングするサービス、これ、いろんな業種にありますよね。口利き屋とかね。でっかい例で言うと、総合商社。よくラーメンからミサイルまでと言いますが、いわゆるマッチングサービスのプロ。

商社は手数料のことを口銭って言ってました。今もそうなのかな。口銭(こうせん)・・・まさに口利き料。。最近では生命保険のマッチングサービスが現れましたね。

マッチングする人は、FP(ファイナンシャルプランナー)。で、もっとも公平と思われるのが、保険のビュッフェ。なぜか?って言うとここの実態は代理店じゃないんですね。ある特定の生保の代理店だとどうしても公平な契約はできません。それが代理店方式の問題なんです。だって、手数料をたくさんくれる会社を応援しますわな、普通。

では、保険のビュッフェって何屋さん?どっからお金もらってんの?実はプロFPからお金もらってるんです。そのお金を集めて運営し、強引でない、一社に偏りのない、生保のマッチングサービスをやってるんです。自分で会費を納めている熱心なFPですから、実力はあります。だって実力ない人は、生保からフィーをもらえませんから。つまりビュッフェの会員にすらなれないんですね。

で、実力ある人に共通することなんですが、これは、漢字生保のおばちゃんでもそうですが、「え?この人やり手なの?」って言う感じなんです。そりゃそうですよね、生命保険というカタチのないものを契約できるって言う人は、よく話を聞き、お客さんの希望を見つけ、適格に商品を提示しなくてはいけません。ましてや昨今のライバルは、ネットの保険です。つまり、お客さんもだいぶ生保に詳しい。だからFPは、お客さん以上に詳しくなってるのは当たり前。

そしてこれだけ多くの商品の中からぴったりの生保を提供するには、お客さんのお話を傾聴し、何が望みなのか?をしっかり捉えなくてはなりません。営業というより、ほとんど聞きっぱなし。実は優秀な生保の営業は、聞くのが上手なんです。べらべらしゃべるトークが上手な人が営業上手と思ったら大間違いです。だから、相談して加入させられないだろうか?なんて心配は要りませんよ。

11月は生命保険の月です。これから2ヶ月くらいは生命保険のお話を聞く機会が増えるかも知れません。気になるけど生保の人間には相談したくないなんて思ってる方、FPにちょっと相談してみてはいかがでしょう、無料で相談に乗ってくれますよ、本当に長くお付き合いできるFPが見つかるかも⇒無料保険相談

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ