生命保険見直しは損?



スポンサードリンク


生命保険見直しは損することもあります。hokenminaosi
と言うか、掛け金的に言えば、常に損します。生命保険は、加入年齢が若いほど安いです。これは、若い人の方が死亡率が低いからです。だから、一度入った保険を後から見直すと、必ず損します。ただし、保障額・期間・商品がまったく同じものとして・・・

しかし、同じ商品に加入するのであれば、見直す必要はありませんね。見直しをする意味は、なんでしょうか?

①受取人が変わっていないか。
②家族が増えたのに、保障はそのままでいいのか?
③逆に子供が独立したのに、大きい保障のままではないか?
④最新の特約に変更済みか?
⑤保険の内容をしっかり理解しているか?
⑥家計全体からの節約のための見直し

などが考えられますね。

・つまり今現在の経済環境下であなたの入ってる生命保険が適正かどうか?

をチェックするんですね。

たとえば①の受取人ですが、結婚したのに親のままになってることが、時々あります。新婚の奥様、ちゃんとチェックしていますか?(^_^;)保険金の受取人の変更は、お金もかからないので、見直しの時に済ませてしまいましょう。

 

また、保障額ですが、大きくするには、

①単純に死亡保障の増額
②終身保険を増額
③転換制度を利用した増額
④一時金を利用した増額

などいろいろあるので、営業の方に確認してみましょう。手持ちの生命保険でなんとかなるケースがほとんどです!なお増額部分には診査があるので、要注意。

③減額は、保障内容を変更して保障を減らすので単純に掛け金が下がります。 わざわざ解約して入り直す必要もありません。(・・・と個人的には思います。)今入ってる保険会社に不信感を抱いているなら別ですけど・・・(^_^;)。

④最新の特約に変更するのも、たいしてお金はかからないので、やっておくのがベターだと思います。

⑤実は、最大の保険の見直しのポイントがこれ。

保険の内容をしっかり理解できているか?

生命保険は長い契約なので(生きていれば・・)、内容をほとんどの人が覚えていません。 ですから、時々担当に来てもらって、説明を受けて、しっかりと理解しておくことが大事だと思います。あるいは、数年ごとに保険点検をしたほうがいいですね、忘れないように!

そして、今必要な保障額はいくら?将来的にはどうする?ベストな保障タイプは?(保険?介護医療?年金?

・・・をチェックし、無駄と思われる部分はカット、必要と思われる部分は追加しましょう。

で、結論ですが、定期的に保険証券の見直しは、やったほうがいいです。保険そのものの見直しは数年おきに検討したほうがいいです。ただし、やたらに解約⇒新契約を繰り返すと、いくら最新の保険に入ることが出来ると言っても、結果的に大損する場合もありますので、要注意ですね。

多くの方はネットで生命保険の情報を集めるそうです。しかも、保険っていろいろ調べるほど、なかなか個人で決められないのが事実。そういう場合は、保険の専門家のFPに相談しましょう。。でも、相談したら無理に勧誘されるんじゃないの?って心配な方は、気軽に相談できるここなんかいいですよ。無理に勧めませんし・・・(無料です♪)⇒専門家おすすめの保険おしえます!保険のビュッフェ!

ぶっちゃけ、保険って損得で選ぶと失敗します!保険は今の生活にフィットしてるかどうか?で考えることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ