Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お引き受けのお見合わせ



スポンサードリンク


[生命保険] ブログ村キーワード

生命保険に入るときに、

申込書に、職業を告知したり、

既往症を告知したり、

現在の病気やケガを告知したり。。。

 

このぐらいはいいか!

と思って、

「風邪ひきました」

って言ったら。。

「お引き受けのお見合わせ」

なんて言われることもあります。

 

風邪は万病の元だから?

(ノ´∀`*)イエイエ

普通は、風邪は治ってから入れます。

だから、まず、風邪を治さなければなりません。

 

でも、こういう簡単な例は別として、大体、生保では基準を持ってます。

血圧の範囲は、これくらいとか。

私がいたころは、90-140より下であれば、まあ、大丈夫でした。

 

時々、200を超える人がいて、一発アウト。

事前に被保険者の血圧高い情報が分かれば、

あらゆる手を使って、診査当日に血圧を下げます。

 

昔は降圧剤を飲んでるだけでもダメだったですが、

今は、大丈夫。

高血圧は、成人男性で4割近くかかってますから(それでも寿命は伸びている!)、

降圧剤、ダメというと、入れる人は6割。

生保会社でも、考えますよ~。

 

そうそう、あらかじめ、血圧が高いとわかってる方、

当日に玉ねぎスライスを食べてもらい、

下がったこともありました。

 

良い子は真似しないでね。

 

あと、うるさいのは、検尿。

糖尿と腎臓をチェックします。

腎臓は、尿蛋白、

糖尿は、糖。

 

これも、診査で一発レッドになる可能性が高いです。

 

で、アウトになったお客さんを何とか申請して緩和するのが、生保の管理職のお仕事。

「お客さんはたまたま糖が出ただけ」とか、「たまたま高血圧だった」

とか。

 

たまたまばっかり・・・(^_^;)

そんな営業をすっかり見抜いている管理部門は、

「では、健康の証拠持ってこい」

と言ってきます。

 

さまざまな健康診断やらの、書類を整え、やりとりが続きます。

条件をつけたり、条件をはずしたり。

契約の入り口時点が甘いと、不健全な生保経営になりますからねー。

契約の出口で、支払いをスムーズにするためにも、入り口は厳しいほうが歓迎。

 

契約を成立させるのにも、いろんな仕事があるのでした。

 

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ