Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生命保険の見直しって



スポンサードリンク


[生命保険見直し] ブログ村キーワード

生命保険の見直しって、だいたい節約しましょ、というイメージが大きいですが、みなさんはいかがですか?でもね、生命保険会社の人間からみれば、どうやって成績にしよう、って考えるのは言うまでもありません。言ってみればゴールは成約。

そこで、日々成約に向けて歩く生保の営業。お客様の情報をいかに仕入れ、人間関係を作っていくか。そして、集大成。クロージング。営業からすれば、成約までの最後のハードルが「保険証券を見せていただく」ことなんです。超個人情報の保険証券まで見せていただければ、ほぼ契約は、まとまります。やはり、保険証券を見せて頂くってことは、信頼関係ができたあかしにほかなりません。

保険証券を見せて頂いた後、過不足を指摘、ここをこうして、当社の保険ではここが優れていて、って言う風に話を展開していきます。あとは、お客さんのご要望をすり合わせながら、成約\(-o-)/

こんなパターンが一般的です。アプローチが家計全体、生活設計から行けばFP流の保険の見直しになりますし、アメちゃんガム配り訪問頻度からアプローチすれば、保険のおばちゃん流、中小企業の社長相手に、丁々発止と提案できる銀行マン流のアプローチになります。また、FPとか、銀行では複数社と提携してるので、一番最適な保険を推奨してくれる可能性もあります。

それぞれ一長一短ありますね。ですから、いくつかの相談先で相談してみて一番、相性がよいと思うところに決定されてもよいのではないでしょうか?というのは、生命保険は、加入してからが本当のお付き合いが始まります。入ったきり、担当から年賀状の一枚も来ない、なんてことのないように、よーく営業マンを見ておきたいものです。

ヤル気のある営業からは、年賀状くらい欠かさず来ますので・・・

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ