Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

転換契約



スポンサードリンク


[転換] ブログ村キーワード

転換契約。

ありましたなー。

会社によっては、コンバージョンなんていうところもありました。

 

ネット通販では、コンバージョンレート。

転換点。

収益になる地点。

 

生保では、コンバージョンと言うと、古い契約を新しい契約に下取りすること。

下取りの方がしっくり来るのかな。

新しい契約、新しい特約、まさに新しく生まれ変わりますもんね。

 

ジャパネットたかたの掃除機を1万円で下取りして、新しいのにバージョンアップするイメージ。

 

でもね、保険が新しくなるのはいいけど、保険料も新しくなるんだよね。

古い保険料は、入った時の年齢で、保険料が決まります。

新しい保険料も、新しく入る時の年齢で、保険料が決まります。

 

だから、保険料的には損( ー`дー´)キリッ、絶対に( ー`дー´)キリッ、( ー`дー´)キリッ。。

 

でも、新しい特約で、保険の給付範囲が広くなって、めでたしめでたし、ということもあるので、

いろんな視点から、見てみましょう。

 

転換制度は、一旦解約して、その契約返戻金を頭金に入れて、保険料を安くするようなイメージです。

実際は、解約返戻金でなく、責任準備金相当額を旧⇒新へ転換します。

が、会社によっては、解約返戻金=責任準備金相当額のところもあって、わざわざ転換する意味ないところもありました。

 

むしろ、溜まった解約返戻金で、「無事に生きたー!」と喜び、パーッと使うのもいいかも。

後は、またコツコツもりもり、積立てに励むとか。。。

 

転換する時、責任準備金相当額を、定期保険に回すと、すっごいでかい保障が買えました。

そりゃそうですね。

一時払の定期保険にするわけですから、保険料安い、保険金高い、募集手当も大きい。

 

三方良しです。

保険会社も、支社も、営業所も。

(三方良しの中にお客さんがいないのが、不思議・・・(^_^;)

 

中にはお祝い金直前に定期付き終身に転換されて、お祝い金受け取れなかったお客さんがいて、とんでもない苦情になったとか?

誰だ?

そんなエグいことするのは。

 

少なくとも、管理人ではないっすよ。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ