Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オリックス生命のブリッジって安いけど



スポンサードリンク


オリックス生命のブリッジって安いけどどうなんでしょうか?

[オリックス生命] ブログ村キーワード

オリックス生命のブリッジ、最近CMでも積極的に見ますねー。

そしてその掛け金に驚きました。。(^_^;)

なんと死亡保障500万で30歳男性が月769円だって~(@_@;)

ついこの間定期保険の掛け金について書いたばかりなのにね~。

しかも10年満期で。だから年間でも1万円掛け金行かないでこの保障。

だから、管理人は考えました。

どっかにつっこみどころはないかな?って。

そもそもなんでこんな安い保険料が可能になるかって言うと、ネットで完結するのと年齢が若いからですね。

例えば500万円で30歳の男性の掛け金は769円ですが、これが1000万円になると倍の1538円ではなくって、1310円になるんです。

ふむふむ・・保険金が大きくなるほど掛け金が割安になる高額割引制度を使っておるのだな?

ふむふむ・・

では、60歳の誕生日を見てみよう。

そうだ、今日は桑田佳祐氏の還暦の誕生日ではないか?

関係ないけど、60歳の時のブリッジはいくらになるのかな?

おおっ、11691円にもなるではないか?

つまり、30歳の倍の60歳だけど、掛け金は倍ではなく約9倍上がるということ。

・・・そしてそれだけ人生のおわりに近づくということ。

だけど、この保険、定期保険です。

なので、定期保険の個人型は更新が一般的。

10年ごとにどんどん上がってく。

これから同じ保障で掛け金が下がることはまあないでしょう。

そう若返らないかぎり、年齢が進めば保険料のダウンは無理。

一方の終身保険は一生涯保険料が上がりません。

で、どうするかっていうと・・・定期保険は必要なときだ掛けるってこと。

ずっと掛けるのはベースとなる終身保険で、定期保険と組み合わせる。

 

となると、終身保険の掛け金は一生変らないからできるだけ若いうちに、一秒でも早く入ったほうがいいですよ

で、定期保険は大事な時だけかける。

(結婚した時とか、子ども生まれた時とか、子育て期間の10年だけとか)。。

 

そういう意味では定期保険部分の保障の増額を最低のコストで用意できるブリッジは嬉しいもので、選択肢の一つに上げられますね。

ただし、ブリッジはネット専用の保険なので、ちょっぴり不安あるかもです。ネットで簡単に申し込めるのはいいけど、肝心なのは受取の時。

・どこに請求するのか?
・誰かに相談できるのか?
・必要書類は?

そんな時のためにちゃんと相談できるところを決めておいたほうがいいですよ。大手の保険屋さんでもいいけどFPがおすすめ。何人か合ってフィーリングが合う人を探したほうがいいと思います。(結構、支払いでもめる人多いですからねー)

↑は複数の相談先が探せるのでとっても便利で重宝するサイトです(^^♪・・・ブリッジはネットだけで完結しますが、ベースとなる終身保険のことなどを合わせて相談するといいですよ。

情報収集はネット、相談相手はプロとしっかり住み分けしてる人・・・増えていますね。

実際に保険相談という対話の中から本当に自分に必要な生命保険が見えてくるもんなんですよ~♪

最近はネットで相談相手探せます⇒<a href=”https://t.felmat.net/fmcl?ak=L998K.1.524426W.J7151R” target=”_blank” rel=”nofollow”>近くの窓口で保険見直し!専門家が無料でアドバイス!</a><img src=”https://t.felmat.net/fmimp/L998K.524426W.J7151R” width=”1″ height=”1″ alt=”” style=”border:none;” />

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ