Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

所得税 生命保険料控除 計算



スポンサードリンク


生命保険料控除は、所得税と住民税が対象になります。

ここでは、国税の所得税の生命保険料控除の計算です。

計算は、①旧制度のみ、②新制度のみ、③旧制度・新制度混合の場合の三通りの計算式があります。

旧制度による計算方法はこちら。

(旧制度は平成23年12月31日までに締結された生命保険・個人年金保険契約のこと。)

生命保険・個人年金それぞれ計算します。

一年に払った生命保険料等 所得控除額
年間25000円以下 全額
25000円超50000円以下 支払保険料÷2+12500円
50000円超100000円以下 支払保険料÷4+25000円
100000円超 50000円

新制度による計算方法はこちら。

生命保険・介護医療保険・個人年金保険それぞれ計算します。

(新制度は平成24年1月1日から締結された生命保険・介護医療保険・個人年金保険契約のこと。)

一年に支払った保険料等 所得控除額
年間20000円以下 全額
20000円超40000円以下 支払保険料÷2+10000円
50000円超100000円以下 支払保険料÷4+20000円
80000円超 40000円

旧制度・新制度混合してる場合の計算方法はこちら。

適用する生命保険料控除 控除額
新制度のみ生命保険料控除を適用 ①に基づき算定した控除額
旧制度のみ生命保険料控除を適用 ②に基づき算定した控除額
新制度と旧制度の双方について
生命保険料控除を適用
①に基づき算定した新契約の控除額と②に基づき算定した旧契約の控除額の合計額(最高4万円)

全部合計して12万円が限度になります。

前は10万円の所得控除が限度だったので、2万円の減税になりました♪
(もちろん、全部の控除もらおうと思えば、三種類すべての保険に入らなくてはダメですよ)

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ