Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

改正保険業法で何か変わるの?



スポンサードリンク


改正保険業法で何が変わるの?って言うことで・・・実際に体験してみました。

[保険業法] ブログ村キーワード

そう、久々に生命保険に申し込んで見たのです。今流行りの保険ショップから。保険ショップでは大きなところほどいろんな会社の商品を扱っていますよね。

でもね、こんな疑いあったのです。

「・・・もしかして手数料の高いところを中心に売ってない?」・・・これが何を意味するかっていいますと・・・お客さんにぴったりとあったニーズを無視して販売してないかい?

こんな疑惑が出てくるわけです。

だからお客様の意向をちゃんと確認するようになったんですよ。5月に申し込んだ時には、「老後のためですか」とか「万が一の遺族補償のためですか~」なんて聞かれていたんですよ。

へぇ~、最近はこんなところまでチェックするんだーって思いましたね。ちゃんと目的にあった生命保険に入ったかどうか確認するためでしょうかね。

やっぱり大手の保険の見直しショップは違います!

・・・保険ショップにもいろいろ規制がかかってるようですね~。契約者保護のためなら仕方ないかもですねー。

hokensodan

そして生命保険の募集に関してもなにやら変化が出てきたような。生命保険の募集って言うのは、生命保険会社と契約者の契約の媒介をなすものとして大事な身分なんですねー。ですから、生命保険募集人として金融庁に登録されているんですよ~。

生命保険会社に勤めている人はみな、登録されていると思いますよ。つまり、生命保険の募集は生命保険募集人でないとできないことになってるんですね。FPではだめなんですよ。

弁護士でもだめです。生命保険募集人でないと募集できません。税理士もだめです。税理士で生命保険扱ってる人がいますが、生命保険募集人になってるはずです。

銀行だって不動産屋さんだってそうです。車屋さんは自動車保険扱ってますが、こっちは損害保険募集人としての登録があるはずです。保険業界はこのようにして契約者を守る努力をしてるのですよ~。

というわけでご契約ご検討中のみなさま、ご安心して相談なさってください。ちゃんと募集人登録してる人に・・・。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ