Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生命保険の必要性



スポンサードリンク


生命保険の必要性を考えてみます。

[生命保険] ブログ村キーワード

生命保険会社が取扱ってる生命保険は、いろんな側面があってとっても範囲が広いです。万が一の保障・入院・介護・学資・年金・節税などなど。ですから、生命保険の必要性はひとりひとり違うと言ってもいいです。実際、さまざまなお客様と接して参りましたが、それぞれの方の人生の数だけ、生命保険の必要性があり、選び方があるんだなーって感じています。

でも、基本的に自分の死後どうなるか?って言うのは、なかなか自分では考えないものです。必要だと分かってはいても、すぐ必要なものではない、そう思っちゃう商品なのですね。そこで、生命保険の初級課程では、最初にニーズ喚起というアプローチを学びます。ニーズ喚起は、生命保険は潜在的には必要性はわかっているけども、日常なかなか死と言うものは考えない、でも、大事なものなので、ご本人に必要性を気づかせてあげよう・・・というものです。

あなたに万が一のことがあって、残された遺族の生活を保障するには、この生命保険が最適ですよ!ってニーズ喚起するわけですね。公的年金から遺族年金が出て、御社の福利厚生制度からお金が下りて、でも、これだけ不足するので準備しませんか?って。

結婚した時とか、お子さんが生まれた時とか、必ず「どうしようかな?」って考えます。で、近くにいた保険屋さんに相談する、毎日職場に来る保険のおばちゃんに相談する、こんな感じで生命保険にだんだん関心を持って行きます。

でもね、以前にしかも、入院になるともっともっと増えるはずですね。自分だけは入院しないってホント?病気しない保証ってどこかにありますか?ってことなんです。

ですからね、たまには、将来のリスクのことを考えてみるのもいいのでは?って思います。生命保険の必要性は、もやっとはわかるけど、実際、いくらどのように準備していいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

私は保障よりも貯金で準備する!って方もいらっしゃるかもしれません。それぞれの準備の仕方があっていいんじゃないですか。でも貯金で用意するのには、時間がかかりますよ、って教えてあげる。

家族への気持ちを保険金額で表したいという方もいましたね。一億円くらい遺したいなって。

でもね、死が現実に迫ると、人は変わります!実際、がんなどにかかった方は例外なく我々保険屋を呼びます。保障はどうなってる?って説明を求められます。。例外なくです

呼ばれて説明して、後からがんでした、って言われた時もありました。

会社の社長も、役員でも、有名人にも呼ばれました。もちろん、普通のサラリーマンの方にも・・・。加入していただいた時には、さんざん通って納得してもらったはず、商品内容はさんざん説明したはず。。でも、そんなことは綺麗サッパリ忘れています。で、一から保障額を説明させていただきます。それをご家族に説明されるのでしょうね。

ご本人が、ご家族に説明をする時に、ご家族を安心させられる金額が、ご本人の望む必要保障額になるのかもしれませんね。。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ