Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

かんぽ生命 新フリープラン



スポンサードリンク


[かんぽ生命] ブログ村キーワード

かんぽ生命、パンフレットシリーズ第二弾。。

かんぽ生命の新フリープラン!

正式名は、普通養老保険です。

 

このパンフは、2015年5月現在のリーフレットです。

kampoyouro

リーフレットの内容は、最新版を必ず確認する癖をつけてくださいね。⇒

また、契約の時には、契約概要や注意喚起情報、ご意向確認書などを合わせて確認しましょう!

さて、リーフレットのキャッチフレーズにもありますように、

新フリープランとは。。。

「万一のときへの保障と、満期保険金を受け取れる保険です。」

↑という生命保険になっています。

満期保険金(満期になってもらえるお金)=万一のときへの保障。

 

 

一般的な保険ですね。

これが、ハーフタックスに使われる生命保険です!

 

満期でも死亡でも受け取れるお金が一緒ということは、

掛け捨てではないということです!

終身保険でもないということです!
(終身保険には満期がありませんから。)

 

では、こういう生命保険は損か得か?
ちょっと考えてみましょう。

(一般的には掛け捨ては損と言われてるので)

 

リーフレットには、

30歳男性加入、50歳満期、満期・死亡保険金1000万で、
41400円(月額掛け金になっています。)

では、1000万円を貯めるのに、毎月41400円払うと何ヶ月?
1000万÷41400円=241.5ヶ月。

つまり、約20年かかります。

 

でも、この普通養老保険では、
41400円払って成立すれば、

すぐに1000万円の死亡保険金が確保できます。
すぐに1000万円の死亡保険金が確保できます。
すぐに1000万円の死亡保険金が確保できます。

大事なので3回書きました!

これが、生命保険です。

 

では、満期ではどうか?

上記の設定では、30歳男性50歳満期ですから、

満期まで20年あります。

 

41400円を満期まで払ったら?

41400円×12ヶ月×20年=9936000円!

 

満期で受け取れるのは、
保険金1000万円にうまくいけば、
契約者配当金。

つまり、1000万円以上受け取れます!

 

上記のパターンの年齢構成の方は、ギリギリ得しましたね-。

 

でも貯金と違うのは、
途中で解約すると、ほとんど損

↑忘れないで下さいね(^^♪

 

そして、ここが大事なのですが、
これ、30歳の男性ならこうなのですが、

40歳ではどうか?
50歳ではどうか?

同じようにご自分の年齢でやってみてください。
保険料はかんぽ生命のHPで分かりますよ♪⇒かんぽ生命 HP

 

こういう風に損得を考えるのも、ひとつのやり方です。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ