Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

医療費の節約ワザ豆知識



スポンサードリンク


医療費の節約ワザ豆知識って大層なことでもないんですが、みなさん知ってるかもしれませんが一応念のため・・・

[医療費] ブログ村キーワード

医療費って年齢が行くほどどんどん重くなってくるものですよね。病気になるリスクは高まる一方だしね。だから少しでも医療費を軽くする方法は知っておきたいですよね。

で、よく知られていることですが簡単にまとめてみました。

かかりつけのお医者さんを近くに持つ

突然入院したら・・・その病院が200床以上の病院だったら・・・特別料金が初診料に上乗せされます。大体1000円から5000円くらいですが、この特別料金は保険が効きません。

そこで自宅または職場の近くにかかりつけのお医者さんを持っていると紹介状をもらって受診でき、待ち時間も短縮され、特別料金も不要です。どんな病気でも診てくれて病歴などを踏まえたアドバイスを受けられます。

実際管理人も近所に内科のお医者さんがいて、そこから紹介状を書いていただきました。紹介先は大病院でしたが、大病院の先生も内科の先生を知っており安心して入院できました。

時間外診療は割増料金になります

診療時間終了後や休診日に診察してもらう時などは時間外加算がなされます。休日診察は初診料に2500円プラスされます。もちろん、健康保険を使えば自己負担は1割から3割。

なるべく時間内に診察に行くだけで節約になるってことです・

ジェネリック医薬品を使う

ジェネリック医薬品は後発医薬品のことで特許期間が切れた薬のこと。でも、効能は特許済新薬と同様です。でも、価格は安い。それは新薬開発の際に有効性がわかってるので、ジェネリック医薬品の開発は安く済むということですね。安いものだと新薬の半分以下のものもありますよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ