Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

かんぽ生命 学資保険 はじめのかんぽ



スポンサードリンク


[かんぽ生命] ブログ村キーワード

昨日も学資保険(フコク生命)をチェックしてみたので、本日も昨日に引き続きかんぽ生命。

昔は、学資保険といえば、郵便局の簡易保険だったなー。

国のお墨付きがあって、出生の情報も分かるらしく(なぜだかわからないけど)、生まれるってこっちが(民間生保)が聞いたら、すでに郵便局のパンフレットが置いてあったなー。

さすが国の出先機関、情報収集能力が違う!と舌を巻いたものでした。

 

今ほど個人情報がうるさくない時代でした・・・。

 

民営化されたとはいえ、かんぽ生命の学資保険は未だに人気のようです。

(うちの娘も、郵便局で説明聞いてたし・・・)

で、かんぽ生命の「はじめのかんぽ」という学資保険を見てみようと思いました。

 

まず、「はじめのかんぽ」は、出生前140日から加入できること(←これ、フコク生命もそうでしたね)。。

生まれてから加入するものと思ってた親御さん。

実は、生まれる前に学資保険に入れるんです!

でも、140日前に名前なんか決まってないのにどうするの。

仮名でも登録しとく?

・・・いえいえ、○○様の第一子様とか、第三子様とか、記載するんです。

 

で、長めに(0歳以前に掛けた)金額は、最後にちゃんと戻ってくるので安心して。

そして、生まれる前に契約者に何かあったら、ずっと払込免除になるの?

⇒そうなんです。出生前加入のメリットの一つなのです。(あってはいけないことですけどね・・・。)

 

さて、保険の内容ですが、三種類あります。

0歳児~12歳児は、大学進学資金プランか、大学進学資金&大学在学資金プランのどちらか入れるし、
0歳児~3歳児は、小・中・高&大学進学資金プランに入れます。

保険料の払込期間も、12歳で終わっちゃうタイプと、18歳で終わっちゃうタイプがあります。

早めに掛け金掛け終わっても、受取はほとんど変わりません。

ちゃんと、学資の資金が受け取れるようになっています。

入院などの特約も付けられますが、生まれてからになります。

 

肝心の給付はどうかというと。。。

フコク生命と比較するために、お祝い金型で比較しました

条件は同じ、30歳男性0歳時(男の子)フコク満期100万、かんぽ満期200万、いずれも入院等の特約なし。

会社名 保険料 3歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 受取合計 払込保険料 返戻率
フコク生命 9493円 5万 5万 10万 10万 70万 10万 100万 210万 193万 108%
かんぽ生命 11800円 -ー 10万 20万 30万 200万 -ー -ー 260万円 255万円 102%

こういうのは一例ですので、あくまでも参考程度にとどめておいてください。

(どうみても・・・フコク生命の勝ち~って感じですかな・・・( ̄ー ̄)ニヤリ・・・。

詳しくは、営業マンに確認してください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ