Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

学資保険でなくてはダメ?



スポンサードリンク


教育資金を積み立てるのに学資保険でなくてはダメ・・・でしょうか?世の中には前もって予測できる出費を準備する方法はたくさんありますね・・銀行の預金でもいいし、郵便局の貯金でもいいし。

[学資保険] ブログ村キーワード

でもね多くの人は学資保険で教育資金を準備してるといいます。銀行にあずけておけば絶対に元本が割れることはありませんが、学資保険では途中で解約すれば元本割れすることもあります!

それなのに学資保険でなきゃダメなの?なぜ、学資保険にみなさん加入されるのでしょうか?

まず学資保険は途中で解約すると損をすることがある・・・つまり解約がとってもしにくい積立商品です。なので、お子様の教育資金にぴったりなんですね。(親の都合で使われることが少ない分、他に使われることなく学資金の積立に特化できるんです。)←これが一番大きいのではないかと推測します。ま、他に有効な積立手段も思いつかないですしね。

もちろん保険と名がついてますので、保険の機能もあります。子どもの保障は入院特約の付加で準備出来ますが、死亡保障は親である契約者にかかるのが普通です。

つまり親がなくなれば以降の払込が不要だったり、死亡保険金が出たりします。もっともあまり保障を重視すると・・・貯蓄が減りますので。

やはり保障は保障、積立は積立って分けておいたほうがいいかもですね。

昔の学資保険は大学入学時の18歳に一番、お祝い金が大きくって20歳、22歳、12歳、15歳ももらえるのに私は入ってました。今は17歳で受け取れるものが主流のようですよ。

17歳は受験勉強の準備の年と考えれば、塾に通ったりするのでもしかして合理的かも知れませんね。でもね、受験勉強にもお金かかるし、18歳の入学費もお金かかるし、入学してからも授業料が毎年かかります!

・・・大変ですよ・・・

また、短期で払い込んで、お祝金を待つってこともできます。例えばあまりお金のかからない中学生までに払い終えて、大学進学を待つって言うパターンも増えています。

実際に保険料を短期で払って据え置きしたほうが受け取りは大きいのが一般的です。つまりなるべく早く入って、払いきって、受取を待つだけにしておけばサイコー♪

学資保険も各社いろいろですので、いろんなところから情報を集めて比較したほうがいいですよ~。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ