Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

特定疾病保障保険ってな~に?



スポンサードリンク


特定疾病保障保険ってな~に?

[特定疾病] ブログ村キーワード

特定疾病保障保険ってな~に?ということで、かんたんにまとめてみました。特定疾病保障保険は、三大疾病保障保険とも言いますね。特定疾病保障保険は、死亡時には保険金受取人に死亡保険金が行きます(※災害死亡でも病気死亡でも)。

また、三大疾病で所定の状態になった時は、死亡保険金と同額の特定疾病保険金を受け取れる保険です。この場合の受取人は、被保険者本人です。特定疾病で保険金を受け取ったあと、死亡した場合、死亡保険金がもう一回支払われることはありません。

つまり、特定疾病保険金を受け取った時点で、その保険は役目を終わり、終了。以降、契約は消滅します

なお、特定疾病保障保険には、掛け捨てで満期のある定期型と、掛け捨てではないが、満期のない終身型があります。

三大疾病で日本人は2人に1人が亡くなっています。そのことを考えればとてもニーズのある保険ですね。そして、特定疾病になるリスクは高いので、3大疾病での保障を充実したい、でもその他の原因で死亡した時も保障を準備しておきたい、という方にはぴったりの生命保険かと思われます。

所定の状態とは

で、三大疾病にかかっただけではダメで、所定の状態になってから・・・という条件がついていますね。例えば、がんの場合。まず、契約後生まれて初めてがんにかかったと医者の診断が確定したら、所定の状態になった時になります。

がんのほか、心疾患、脳血管疾患に関しても同様の「所定の状態」があります。約款で要チェックです。なお、死亡でも三大疾病でもどちらでも保険が下りるのですが、「3大疾病」のみの保険金しかでない商品を扱ってる会社もあるので、要チェックですよ。←の場合、比較して掛け金がやすければ・・・三大疾病だけかもしれません。なので、しっかり確認しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ