Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

働きながら年金を受け取ってみる・・・



スポンサードリンク


厚生年金は働きながら受け取ることができますよね。お給料と年金両方もらえるって\(-o-)/そんなうまい話あるんでしょうか?

[年金減額] ブログ村キーワード

年金を受取りながら仕事ができるのはホントなんです。でもね、厚生年金の適用事業所で働けば給料はもらえるけど、厚生年金保険料は70歳までは払わなくてはいけないんです。

つまり厚生年金を受け取りながら、厚生年金保険料も払う必要があります。しかもですよ、働いてもらってる給料が多くなれば、給料に応じて年金が減額され、もしくは一切もらえなくなるんです。

詳しくは日本年金機構のHPで確認していただければいいのですが、簡単に言うと

月給と年金が28万以上になると60歳から65歳の方は支給停止が始まります。65歳では月給と年金が47万円以上
になると支給停止が始まります。

若い人は年金保険料を払うだけ、年金受給者は受け取るだけ、そんなイメージがありますが、実際には年金受給者も
負担してるんですよ。保険料も税金も医療費も。

でもね、厚生年金の支給停止がない収入もあるんです。それはね、給料ではなく事業所得とかね。定年退職して起業するとかね。起業して得た収入は給料ではないですからね、不動産所得でもいいですよ、要は給料以外の収入を得れば年金は停止なしでもらえます!

それと厚生年金と違って老齢基礎年金は、減額や支給停止されません。65歳になれば、もらえます。こちらはどこから給料もらっても全く関係ありません。

むしろ、働けるのであれば、老齢基礎年金を繰り下げ受給したら割増の年金を生涯受け取れるので考えどころですよ。こうしてみるとなかなかどうして、年金も面白いですね~♪

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ